文字の大きさ 文字を大きく 文字の大きさを最初にもどす

Home > 初診の方へ > 治療方針

治療方針

疼痛の緩和・機能の改善を目的とした「保存療法」を中心に治療を行っております。
病気の状態を十分に理解していただくために、レントゲンはもとより解剖図を使い、痛みの原因、今後の経過予測、治療方法を納得していただけるよう説明いたします。
治療法は、内服薬、外用薬、外固定(ギプス、装具、サポーターなど)、注射療法(関節内注射・神経根ブロック等)、リハビリ(運動療法・物理療法)など患者様に最適と思われる方法を選択させていただきます。

「保存療法」とは?

摘除手術によって病巣に直接手を加えることなく、安静や薬物などにより治療を行う事をいいます。

ページトップへ