文字の大きさ 文字を大きく 文字の大きさを最初にもどす

Home > 施設のご案内

レントゲン室

部位や患者さんの状態により立位・臥位・坐位による撮影を安全に行っております。撮影されたものは、速やかにデジタル保存され、診察室のパソコンに電送されます。
また、透視も可能であり、骨折の整復やヘルニアなどに対しての神経根ブロックを行っています。
なお、他院で撮影された画像はデジタイザーによりスキャンし保存することができ、撮影された画像と同様に見ることができます。

レントゲン室デジタイザー

フラットパネルディテクタ

体を透過したX線を、フラットパネルで受け取り、デジタル信号に変換することによって画像化する装置です。被爆量が少なく、撮影時間も短い特徴をもち、従来より高精細な画像を得ることができ、より正確な画像診断が可能になりました。

骨粗鬆症検査

当院は骨粗鬆症の診断にDXA(Dual Energy X-ray Absorptiometry)法を用いています。様々な骨粗鬆症の検査がありますが現時点では、腰椎および大腿骨におけるDXA法が最も信頼性の高い測定法と言われています。

〜DXA(Dual Energy X-ray Absorptiometry)法とは〜
 2種類の異なるX線を照射し、骨と軟部組織の吸収率の差で骨密度を測定します。X線を使用する検査ですが、極めて被爆量は少なく、迅速かつ精度の高い測定ができます。

ページトップへ